どこでも同じですが特に、無料出会い系サイトを利用する時には気をつけなければならないことがありますよ。
それは男性でも特に注意してもらいたいのですが、まだ仲良くなっていない人に対して自分の個人情報を教えすぎないようにして下さい。
例えばメールアドレスですが、フリーメールのアドレス交換をした場合、そのあとにもっと仲良くなりたいから携帯電話のアドレスも一緒に教えてくださいとか言ってくる人もいます。
一般的なユーザーの考え方で考えると、少しおかしいような気もしますが、この人ともと仲良くなれるならと思って自分自身の携帯電話のアドレスを教えたとたんに、サイドからいなくなるケースもあります。
よく言うアドレス回収業者である可能性が高いですね。
このような人たちに引っ掛からないためにも、十分に気をつけて、相手が本当に信頼できるまではフリーメールのアドレスだけで会話をするように心がけてください。
メールアドレスだけではありません。
携帯電話の番号だったり、時には実際に会いたいからあなたの重傷を教えてほしいといわれることさえあります。
なんだかおかしいと思いませんか?
おかしいと思ったら自分の考えを大切にして、フリーメールのアドレスを教えたり、電話番号を教えずにネット回線を利用して無料で会話することができるアプリケーションのIDなどを交換するようにして下さい。
想像以上に相手は手ごわく、あの手この手でその時々で違ったやり方であなたの個人情報を頂こうとしていますよ。
いま近くまで来たから、そういえば住所は○○だよね?このような誘導尋問をして相手を安心させておいて、あなたのほんとうの個人情報をとろうとしています。
怖いですがよくあることですから、実際に相手に会うまでは住所などは云わないように気をつけましょう。
もしも教えてしまった後に気がついた場合は、残念ですは回収することは不可能です。
電話番号の場合は、非通知設定のものは着信拒否にするように心がけてみたり、アドレスだけの場合はメールアドレスを速やかに変更してしまいましょう。
まだ大丈夫と思って使い続けていると、とんでもない業の迷惑メールが来て見たり、入った覚えの全くない消費者金融からたくさんの営業メールが届くようになってしまいます。
自分の情報が漏れたと思った時点で、アドレスは変えた方がいいでしょう。
それと同時に消費者生活センターなどに相談してみるのもいいですね。
警察まで行く人はあまりないかもしれませんが、来た時と場合によってはこのような専門家を頼ってみたり、自分だけの判断で動かないようにしてみましょう。
なかなか自分だけで解決しようと思って、無料出会い系サイトで遊んでいることが恥ずかしくていい出さない人もいます。
それでははじめのうちの方が抜け出しやすかったのに、災厄な状況になってから助けを求める人もいるので、なるべく早く消費者生活センターなどに相談してみるといいでしょう。
ここは無料ですし、電話相談を受け付けているのでその場所まで行かなくて電話だけの相談で大丈夫です。